2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血が薄くなる病

僕が考えているのはねぇ、、、、

小さくても動いていれば、

やがてお金にもなると思うから

小さなことも使いようだと思う。

たとえば、今日、作家の「モトギフミオさん」からテルがあって

「何か復刊やりましょう」という話だったんだけど、

本にしていない原稿あるんだったら、

他の出版社に、同時期に出版あるからって売り込めば?

ということになった。

もちろん、うまくいくかどうかはわからない。

けれど、小さな出版も「踏み台」にはできると思う。

まあ、僕も小さくやっていて、雑誌連載の話がきたり、

いろいろ売り込みやすくなってきたところです。

僕とモトギさんにいい風が吹くよう。


XXXXX

あ、モトギさんって「上海の西、デリーの東」など

書いていた人で、悪友のような、戦友のような、へんなつきあいですねー。

XXXXXX

そして明日、「ジェリー・ビーンズ」のデータ入稿です。

今、帯のコピー考えています。

あせっています。

「血が薄くなる病」。。。。気になりますかね???

「永遠に15歳の少年。私だけが歳を取る」。。。。。気になりますかね???

間違いないのは、

今までの荒木スミシの小説のなかで一番、切なく、そして黄金の話です。

予約よろしく。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~sumishi/jerry.htm

J4.jpg
[ 2010/01/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/177-49727f3a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。