2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デモテープを売る感覚に近い

hikari.jpg


ここ最近の音楽業界や電子出版をめぐる

「レコード会社、出版社を飛び越す」動きは

注目されています。

そういえばノンカフェブックスには「企画会議」も何もなく、

僕のほんの「思いつき」で出版が決定するので、

それをメディアファクトリーのかたが「うらやましい」

とメールしてくれていたらしい。

そう、書店の棚と僕の脳が地続きで繋がっているような

この「産地直送」な感じ。

流通を作家自体がすることにより、

個から多へ、ではなく、個から個へ、伝わる感覚は

「YOU TUBE」とか「Blog」に近い。

ノンカフェブックスの動き方は実はデジタル文化の

動き方に似ている。

思ったことをすぐにアップロードできる「YOU TUBE」

で有名になっていった相対性理論とか神聖かまってちゃんとか

最近だと、七尾旅人さんのまわりで起きていることと

荒木スミシ(僕)がやっていることは非常に近い。

ただ僕の場合はデジタル文化のやり方を、紙の本というアナログで

やってしまっていること。

本屋の棚が「YOU TUBE」化したようなもので、今度出す

「光集め」は荒木スミシの個から個へ語りかけるような感覚です。

実をいうと、「出版社を通さず、流通も自分でやる」という「脳みそから

書店の本棚は直通」でやると、「本の形」がどんどん変わってきた。

なんだか「デモテープをそのまま出版しているような」。。。。

だって編集者すら、不在だからね。

永遠に未完成な完成形。

ちょっとお金のことも書くと、、、、、普通の大手から出版した場合、、、、

初版1万冊、定価1500円で、印税が10パーセントで、150万の収入になるわけです。

僕のこの「直通出版」だと、、、初版1500部売り切れ、で、だいたい150万の黒字になります。

こういうこともデジタル配信のシステムに近い。

七尾旅人さんのDIY STARSだと一曲150円で配信すると1万ダウンロードで

150万になります。

これは素人でもできるちょっと夢のある話ですよねー。

まあ、なにを書いているかわかんなくなったけど、、、、表現としては、「出版社を飛び越すと」

なんだか「太宰治的な生々しい感じ」に戻る、「大衆小説」ではなく、

もっと「肉声」に近くなる。

というわけで次は「詩集」というか「魂が叫んでいるような本」にします。

「光集め」というタイトルで。
[ 2010/08/12 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/246-3c56f96e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。