2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕の初恋はCGアイドルでした。

1、僕の初恋は江口愛実という名前のアイドルだった。

AKB48のメンバーだ。

僕が恋に落ちたのは、ほんの24時間前。

つまり24時間だけ、彼女は、僕のなかで、生き生きと微笑み、ため息をつきながら、学校に通っている普通の女の子だった。

僕の恋は24時間後、急に思い出となるんだけど

2、週間プレイボーイの表紙で彼女を見つけた。

と、いうか、それが出会いだ。

雑誌のグラビアを見た。

携帯で画像を検索した。

なんだか、自分はとても、彼女を近く感じたくて、夜遅くまで、携帯の画像を見つづけた。

近くにいたし、近くにいてくれたんだ。

3、彼女の名前は、江口愛実。

13歳の僕にとっては、お姉さん。

彼女のことを考えながら、授業を受けた。

つまり、今日のこと。

なんだかつまらない毎日が、輝きはじめた。

ほんとのことだ。

放課後、視聴覚室に行って、彼女の出演しているCMを見た。

声を聞いた。

それが小さな宝物だと思えた。

4、確かに彼女は僕のものだった。

24時間だけの恋だとしても。

彼女がCG画像だと、書き込みでわかった今、僕はたったひとりの部屋で座っていた。

でも、CGだとわかっても、記念のように僕は彼女の画像で射精したんだ。

人じゃないのに。

人のかたちだけなのに。

涙が流れてそして胸が熱い。

おしまい。。。
[ 2011/06/15 ] 短編小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/377-5f63f3c3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。