2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大人としての江口愛実、CG倫理問題委員会

aimi.jpg

人間とは、アイドルとは、何かな?

と、江口愛実は、語っているようだね。

私は、存在してはいけないの?

CGだけど、みんなのなかでは、アイドルとして生きていけないの?

なんだか、みんなの心のなかに生きれなかった「人格」のようだね。

私は存在したいよ、と言っているようで、切なくもある。

ここは「江口愛実」のアイドルというの倫理を考えるページだ。

なんだか江口愛実はすごいことを提起しているよな気がします。

だって誰かがこの失恋を苦に、自殺したりしたら、どうなのかなあ。

人は信じることができればいい。

だから、CGでも、実はみんなで、そだてていけるんじゃ。

時間が多くなって行ったら、彼女は「いる」とされるんじゃ。

電子の世界から、江口愛実は言っているよ!

私は存在したい、って!

それは、実は、僕たちが、みんな思っていることかもしれない!

江口愛実に、僕たちは似ている存在!

私は存在したい、という、私は、なぜか、自分を見てしまう。

江口愛実って、綾波レイが、コピーだって、それでも、学校にきているシーンみたい。

このまま本当に、江口愛実、のようなCGが使われていって、

人格をつくって、声をつくって、、、

それを信じる少年の心のなかは、どうなるの、と思ったりする。

裏切られた、と自殺したり、事件を起こすこともあるかもしれないなあ。

こわい流れができてしまったと思うのは私だけでしょうか。

よく考えると、普通のグラビアも、もうCG技術で、肌とかなおしますよ!

それがいきすぎている写真や、CMも。

それもいけないことかな???

どこまでが江口愛実で、どこまでが「人」か、わかんない時代にきているんじゃ。

こわいな。現代。。。

では、途中までアイドルとして活躍してた女の子が、激太りしたり、激やせしたりする。

この時に、江口愛実のように、CGで活動を続ける。

これなら、いいのかな。

みんなは許せる???

やはり、今回のCGの使い方、倫理に触れているんです。

だから切ないのです。

電子の世界だけの存在だから、江口愛実は、受けいられないのかな。

でも、このほとんどの人は、会ったことない人と繋がる時代。。。

顔をみなくて、それで友達。。。

インターネットだ。

ツイッターも、いまこれを読んでいるあなたも。

なんか、江口愛実さんを遊べる人、笑える人は、

なんか、近親憎悪、というか、自分の姿なんじゃないのか。


注・現時点で江口愛実さんがCGであるという発表はされていません。

江口愛実さんのブログ
http://ameblo.jp/aimi-eguchi/



今回のCGアイドルの出現を予期していたような小説。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~sumishi/choco1.htm

グッバイ・チョコレート・ヘヴン―黒い穴編グッバイ・チョコレート・ヘヴン―黒い穴編
(2008/02)
荒木 スミシ

商品詳細を見る
[ 2011/06/15 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/378-395d8964














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。