2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

詩をふたつ

君が僕を知ってる。

僕が君を知ってる。

誰も知らない君を僕は知ってる。

自信のないところも、何を隠そうとして、

どう見せたいのかも。

君は僕の一番汚いところを知ってくれている。

誰も気づかないだろうけれど、

君のいいところが僕だけにはわかる。

僕は君を知ってる。

君は僕を知ってる。

なんてね。

。。。

雑誌「ダヴィンチ」9月号インタビューで、

紹介されている小説「プラネタリウムに星がない」は

以下のお店でお買い求めいただけます!

http://t.co/xWSgEvQ

tsutayasangen.jpg

TSUTAYA三軒茶屋の販売風景

「ダヴィンチ」読みました、と報告が。

照れ臭そうに笑ってる姿がムニャムニャ、とのこと、

あ、この間、バーで一緒になった女性は、

「クマじゃない」とのこと。

「ヤギですね」とのこと。

。。。

僕は人間違えをしたんだ。

待ち合わせに、違う人に声を掛けてしまった。

でも未来はその人間違えを、受け入れてくれたんだ。

僕はその人と恋人になり、やがて結婚をした。

本当はもともと出会う人とそうなるばずだったんよ。

それでも、子供に恵まれ、その間違いの人生が本当にしていく。

本当にして僕は死んでいくのだろう。
[ 2011/08/16 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/409-9da2d3a0














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。