2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

困難な道を

地球の裏側に一本の煙草がある。

僕はそれを吸っている。

地球の裏側に一杯のコーヒーがある。

僕はそれをちびちびとやる。

地球の裏側に一杯のウイスキーがある。

僕はそれをちびちびとやる。

ちびちびとやる。

地球の裏側に友達がいる。

たぶん泣いている。

。。。

想像力がいろんなものを救うと思ってる。

だから想像力を信じてる。

僕は読者の想像力とともに、「共作」してるようなもの。

だから、論理的な思考の人は、読みにくいだろうな、

と反省ばかりです。

なんというか、文章の間の空白を豊かにかければと難しいけど、

理想でございます。

僕は世界には「暗い秘密」があって、

その向こうに美しさがあるんだと思います。

暗闇の向こうが気になるのです。

僕が書くのは不思議なストーリーばかりです。

隣の部屋に忍び込んだり、双子が入れ替わったり、

背中に黒い翼がはえてたり、腐った幽霊のおばさんや、

14才の美少女が「透明になること」という

秘密のメッセージをつたえる。

世界がいつもどうもおかしい。

けれど、一瞬美しい。

僕は昔映画監督を目指してたんです。

その気持ちが、弾けてるのが

「月曜日、地球を盗む」だと思います。

夢の作品です~。

http://t.co/ZC9MxOl

僕はいつも簡単な道を選ぶよりは、

困難な道を選ぶようにしています。

自分にとって、常に困難な作品に挑戦しています。

たいてい、それはいつも実力不足にならるのですが、

やはり挑戦せずにはいれません。

そういうもんですよね

「プラネタリウムに星がない」は僕が挑戦した、

最大の困難な道です。

ぜひ、読んでくださいねー。

http://t.co/rPL9mQzI
[ 2011/09/15 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/422-200db6d9














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。