2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神戸新聞(朝刊)2014年5月11日(日)【著者に聞く】記事

10259319_582712265160463_4992271351866785295_n.jpg

荒木スミシさん「プラネタリウムに星がない」

■酒鬼薔薇事件の未来を小説に

 もう発生から17年になる。
 神戸市須磨区で小学生の男児が殺害され、
 校門に置かれた頭部に犯行声明がはさまれていた「酒鬼薔薇聖斗」事件。
 この事件の加害少年の未来をモチーフに、作家の荒木スミシさんが
小説「プラネタリウムに星がない」を発表した。

「もちろん悩みました。僕が書いていいのかと」。
 だが、書かねばならぬ必然があるとも感じていた。
「宿題だったんです。『透明な存在』という言葉を最初に小説で使った作家として」

 加害少年の犯行声明文には「透明な存在」という言葉があった。
 なぜ、少年はこれほど残虐な事件を起こしたのか。
 心の闇とは? 
 当時、事件の衝撃に戸惑った大人たちは、犯行の謎を解く鍵を必死に探した。
 
 その中に、荒木の小説があった。週刊誌で「事件のシナリオ見つけた!」と
センセーショナルに報じられ、インタビューが殺到した。
 時代の代弁者として「回答」を求められた。

 違和感を抱きながらも、「透明な存在」という言葉に共振する若者たちのために
コメントに応じたという。
 小説家として、あの事件にどう向き合うべきか。
「突き詰めて考えるのが怖かった。自分の傷口をもう一度開くようで」。

 だが、5年ほど前、ある着想が頭に浮かんだ。
 医療少年院を出た少年に子どもがいたら、どうなるのだろう。
 子どもは存在を許されるだろうか。
 幸せになれるだろうか━。
 
 体調不良の影響もあり、1日数行のペースで書き進めた。
 次第に4人の登場人物が勝手に動き出し、自己主張を始めた。

 本書は2011年、自費出版され、レンタルショップの文芸ランキングで
3週連続1位になるなど反響を呼び、3月、大手出版社から文庫化された。

 だが、30回は書き直したラストシーンに納得がいかず、今回、大幅に改編した。
「僕一人では答えを見つけられず、読者からエンディングを募ったんです。
それで、ようやくゴールが見えた。読者との共同作業で完成した本です」

 加害者の葛藤、被害者の苦悩。
 そして、事件に心をかき乱された無数の人々。
「正解はないが、少年法が連れてくる未来と向き合ったつもりです」と語る。
(木村信行・社会部)

あらき・すみし
1968年加古川市生まれ。
97年「シンプルライフ・シンドローム」で注目される。著書に「月曜日、地球を盗む」など。

神戸新聞(朝刊)2014年5月11日(日)【著者に聞く】より


プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)プラネタリウムに星がない (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2014/03/25)
荒木 スミシ

商品詳細を見る



「プラネタリウムに星がない」
神戸新聞記者様の感想が届きました。

http://t.co/N3I61nCenA
[ 2014/05/15 ] 営業担当より | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/625-4f380cbf














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。