2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一瞬だけ心が触れあって。天使ちゅん、はじまる

今日は『世界の裏側でユキはダンスを踊る』と

『リトルライフを見つけた』を地方小に発送してきました。

『リトルライフ』は、震災後、荒木スミシの考えたこと。

詩と短編小説と写真。

http://t.co/J9QpTFoJTL

。。。

デビュー15周年なので、質問を

15個集めて答えるということをやろうとしたのですが、

何かありますか?

。。。

ノンカフェブックスHPでの新連載。

『窓のむこうの天使ちゅん』は、

漫画でもなく、単なるイラストではなく、

なんだろー。せつなく、楽しいですね。

http://t.co/HXtF8oxdms

。。。

それでも黄金の時間は僕の少し前で、

輝き、僕が歩くと逃げ、

僕が手を伸ばすといつも指の皮一枚で届かないのです。

でも少しの温もりが、指の皮一枚だけから、感じられ、

それがほのかに、指を温め、また消えます。

黄金の時間は僕の少し前で、輝き、笑い、跳ね、弾けて。

。。。

一瞬だけ、心が触れ合って、それがすべてのように感じる。

僕たちは、すれ違い続ける。

偶然の旅人として君へ、言葉を語っていよう。

言葉は喫茶店の隣の席にいる。

言葉は、雨として降ってくる。

言葉は猫のようにいなくなる。

そして、いつか、そういえば。
[ 2015/01/31 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/666-34328caa














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。