2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母親へのプロポーズ、詩をいくつか


ストリエ第2話公開されました。

言葉と小説と漫画の中間の表現。

君のいない未来にきました。 - 荒木スミシのストーリー|STORIE[β]

https://t.co/JiPPNeq2KJ

第2話公開です。パソコンからのみです。

。。。

心にスズメが住みついた。

スズメはずっと私の話し相手だった。

誰からも見えないけれど、スズメは私の左胸のところにいつもいた。

なぜいるのかはわからないけど。

みんなの心にもスズメがいるのかはわからないけど。

スズメはいつも胸にいた。

28歳の夜まで。

。。

亀は間違えて竜宮城から、美女を連れて帰ってきてしまった。

浦島太郎は、海の底でまだ浮かれてるんだろう。

亀と美女はしばらく日差しで体を焼いた。

サンオイルがないので、すぐに日陰に入った。

亀は玉手箱を美女には渡さなかった。

サーフィンをする美女を眺めて、ため息。

。。。

私は変身しようとした。

私は私であることをやめたくて、変身しようとした。

テレビでよくやっている変身ポーズを真似てみたけど、変身できなかった。

飛べないし腕力も弱いし走りもはやくならない。

私は変身できなかった。

あの頃。

。。。

あなたが40年後にしてくれるキスはどんなだろう。

私はどんな笑顔をするだろう。

あなたも私もしわくちゃでそれでも何度もケンカしたり子供が結婚したり孫を見て泣いたり、

クビになったり、そんなあなたが40年後にしてくれるキスはどんなだろう。

私からのキスを込めて

。。。

私の髪からどんどん鳥が生まれる。

黒い髪から黒い鳥がどんどん飛び立つ。

もう嵐のようにとどまることを知らない。

私は思わず、叫び、その恐怖と、幸せに耐える。

なぜ、髪から鳥がどんどん生まれるの?

鳥。髪。嵐。叫び。

。。。

今日は特別な日になった。

母親とドライブしてはじめて「僕を育ててくれてありがとう。僕を産んでくれてありがとう」と言った。

プロポーズみたいに、あの新緑の道で言おうと決めていた。

涙で事故りそうになった。

。。。

小指が痛い。

完全な優しさには残酷さが混じっている。

完全な純粋には少し汚れが混じっている。

完全な透明には少し影が混じっている。

完全なものをいつも追いかけてしまう。

けれど、すこしずつ足りない。

小指が痛い。

。。。

僕に踏まれなかった小さな花よ。

僕に踏まれなかった小さな草よ。

君は小さな涙だ。

君は小さな笑顔だ。

未来に会えるかもしれないという種だ。

もしそのまま花が育つなら。

もしそのまま笑顔が育つなら。

何年かあとに木になっているかも、森になるかもしれない。

小さな花。

。。。

ノンカフェブックスホームページ

http://t.co/ZS6sKr6iXw
[ 2015/05/23 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/682-9d95f47a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。