2016 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

お墓の前で泣く。詩。

とまったてのひら。

蝶がとまったてのひら。

動かなくなる。

蝶が逃げてしまわないように、

てのひらを動かさずじっと見ていた。

風が蝶の羽根を揺らす。

私は心細くて、行かないで、と願うが、

蝶はふと飛び立つ。

蝶がいなくなった後も、

てのひらを動かせずにいる。

一瞬の出来事。

。。。

少年だろうか、少女だろうか、

どっちにも見えて、その中間にいる存在時々、

みかける少女少年彼らの存在。

彼らでしか味わえない時期。

透明感。

いらだつような口調。

君はどこから、来たの?

そしてどうしてそんな時間に存在できるの?

。。。
お墓参り。

お墓に水をかけながらぽろぽろ泣いた。

子供がこのお墓に入らないかもしれないという協議をします、

という挨拶。

なんとも言えず、ただ静かに泣いた。

。。。

あなたは、私の影でもあるんでしょ?

。。。


[ 2015/10/10 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/709-c72f12e8