2016 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03

好きか嫌いかもわからない。詩。

「あの人のことを好きか嫌いかもわからない人がいるんです」

それは青春の特権のような言葉で、印象に残ったな。

あるいは好きなのかもしれないな、という淡い予感を、

決めなくていいや、という強がりや、意味不明なさわやかさ。

一緒にドライブして、窓を開けて、風を招き入れる。

。。。

いまは、車の中。

駐車場。あまり泣かないのに、気がついたら泣いていた。

誰もいない駐車場。

遠くから船の音。

少しの光と曇った空。

。。。

カフェでコーヒーを飲んでいた。

その時、大粒の雨が降り出し、私はベランダに干しっぱなしにしている洗濯物を思った。

濡れていく私の服たち。

少しだけある彼の服たち。

濡れていく洗濯物のことを思いながら、

コーヒーを飲む。

まだ雨は止みそうもない。

なぜか涙が出てきた。

。。。

太陽のような悲しみを見た。

憎しみのような愛を感じた。

海底に沈んだ喜びが、私のまわりを泳いでいる。

太陽にすら黒点があるように、私は光のなかでちょっと悲しくなる。

人生の影のなかで少しだけの嬉しさを感じる。

こんな時は一番星を探してみよう。

。。。

影というのはもうひとつの光の名前。

影を見つける。

光を探す。

光を見つける。

どこかにできている影を探す。

心のなかに影ができるということは、ひょっとして光もどこかに存在しているということ?

影というのはもうひとつの光の名前。

弱さというのはもうひとつの愛の名前。

。。。

たまらなく好きなの。

そのやり方。

たまらなく好きなの。

その愛し方。

たまらなく冷たくて、たまらなく好きなの。

その、ものの見方。

ちゃんと私があなたの冷たさを愛していることもわかっている。

その残酷さがたまらなく好きなの。

。。。

少しくらい不自由な方が自由に生きられる。

迷った道が、自分だけの道であるように。

迷った道が、自分だけの道になるように。

迷えば自分だけの道は育つ。

そう育つのだ。

あなたはよりあなたらしく、不自由さはより愛に変わり、

その間違いは育つのだ。

間違いが魅力に育つ日へ。

。。。

正しいから、違う。

あなたの言葉は全部、正しいから、違うんだ。

正しい言葉も、行動も、今の私にはいらない。

正しさなんてビリビリに引き裂いてやる。

なんだか少しの嘘がほしい。

少しだけの嘘をアイスティに入れて飲みたい。

そう思いあなたの部屋から靴下を片方だけ盗んできた。

。。。

あなたは夏のカフェで、そっとシャツのボタンをひとつはずす。

それをすこし離れた席の男性が見て、素敵な仕草だと思う。

男性はあなたに声をかけ、やがてあなたは彼と結婚し、子供が生まれる。

子供が大きくなり、あなたの頬にキスをする。

シャツのボタンをはずしただけなのに。

。。。

[ 2015/10/31 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/712-a8ee08f4