2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

あと一冊書きたい。透明ループ。詩

一瞬と戦う。

一瞬と戦っていた。

一瞬が過ぎると次の一瞬と戦った。

一瞬は素早く僕にナイフを突き立てる。

一瞬で僕は刺されるが、血も一瞬で消える。

綺麗になった次の一瞬、冷たい言葉に涙する。

でもその涙は一瞬で消える。

一瞬、僕も透明なギターを響かせる。

一瞬の歌。

。。。

何もかもが気に入らず、何もかもから嫌われる太っちょの男がいた。

友情は壊し、愛情も壊し、親すらも粗末に扱った。

食べ物もすぐにケチをつけた。

誰からも愛されず、誰をも愛す術を知らなかった。

愛す方法を知らず、孤独になり最後に道端の小さな花を愛でた。

花は少しして枯れた。

。。。

透明な時代がループしたのか?

違うんだよ。

もう螺旋階段をひとまわりしたようになってる。

似てるようで違う一段階上にきてる。

バージョンの違うところ。

あの頃によく似た今。

古い未来。

新しい過去。

。。。

まだ僕の書くことはあるような気がする。

でもまだ見えてない。

わかんない。

あと一冊は書きたいのです。

。。。

裸足のまま夢は終わる。

裸足のまま愛が始まる。

裸足のままアスファルトを走ってみる。

冷たい。

痛い。

けれど、朝のアスファルトの道を、凍った道を、あなたは走る。

裸足のまま夢は終わる。

夢は終わるものなのかな。

夢はかたちを変えていくだけじゃないかな。

だから裸足のまま走る。

。。。

美しいものとは、川に落ちているペットボトル。

鳥かと思った。

キラキラと太陽の光が、川面を走り飛び立つ鳥がいるのかと思った。

よく見るとなんでもないペットボトルで、川面に引っかかっているだけだった。

でも美しいものとはそういうものかもしれない。

屈折した心が見つけた。

。。。

なんでもなくて、誰もが経験してる日常が、ふわりと2センチくらい浮き上がる。

そんなほんのすこしの魔法。

そんなほんのすこしの歌。

そんなほんのすこしの君のこと。

ねえ、僕たちは鏡だよ。

お互いに鏡を探しているストレンジャーだよ。

。。。

光とはいろんな角度から見ると、違ったものに見えます。

その不思議を。

その素晴らしさを。

その怖さを。

それぞれの心を。

光とはなんだろう?

その夢のなかを。

思い出のかたちを。

これから起こる未来を。

少しでもいい席で見てください。

ここ席空いてますよ。

。。。

枯れた花と一緒にお風呂に入る。

私が水をあげなかったために花を枯らしてしまった。

急な旅行だったから。

枯れた花を見て、疲れた自分を感じて、その結果、

お風呂に一緒に入ろうと思った。

再生と供養のために。

湯船のなかで枯れた花を見つめていたら、

旅は終わった。
[ 2015/11/07 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/713-dd7b3d52