2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年末のご挨拶。そして、詩。

今年ももうすぐおしまいです。

今年はいろんな事情から活動休止や、

みなさまにご心配をおかけして申しわけありませんでした。

新年は新作にも挑む所存ですので、これからも荒木スミシや、

ノンカフェブックスをどうぞよろしくお願いいたします。

https://t.co/NmHQbQPCjn

。。。

どこへ行きたいのかわからないけど旅に出る。

どこかに行きたいけどわからないけど歩いてみる。

きっとどこか、とは、風に乗り、雲を渡り、水たまりを超えた場所にある。

お腹が減って喫茶店に入る。

そこで、思わずおいしいパンにであった。

そんなもんさ。

そんなもんだよ。

。。。

叫ぶのだ。

叫ぶように歌うのだ。

深呼吸して、ギターがキュイーンって鳴って、

そしてみんなが歓声を上げ、爆発したような心で叫んだ。

いくぜ。

歌えたんだ。

声が出て、あなたのつくった曲を歌えたんだ。

うまく歌う必要なんてない。

響け!

ただ、響け!

もういないあなたのいる空へ。

。。。

エレベーターがとまった。

なかに乗っているのは私と男の人。

どうしようか、と話し合った。

待ってもエレベーターは動かない。

男の人はカメラを取り出して「記念写真を撮ろう」

と私との2ショットを自撮りした。

お互い笑った。

エレベーターの扉が開いて、別れた。

さよなら偶然の恋人。

。。。

私たちはちゃんと祝福されて生まれてきたんだよ。

私はその祝福という言葉が壊れてしまわないように、

できるだけ丁寧に自分のポケットに入れた。

だからポケットに手を入れて、街を歩く時、

祝福を思い出すよ。

強く生きることができればと思うよ。

ちゃんと祝福されて生きているんだよ。

。。。

ハンバーガーショップで、コーヒーを買って席につく。

もちろん、向かいの席はあいている。

その空白を見つめる。

空白に心のなかで話しかける。

空白とコーヒーを飲む。

空白に恋している。

それがとても大切な時間のような気がする。

空白が恋人の時代。

そこち誰かが座る日もあるのかな。

。。。

僕はどうしても、風や風の流れ方や、空気感や、光の具合、光の走り方、

そういう自然なものに、興味がある。

スカートのはねかたや、髪のはねかたや、水たまりの雫がどう飛び散るのか、

。。。

急に穴に落ちた。

そこは真っ暗だった。

なにも見えず、叫んでも返事はなく。

私は足元の石を拾って投げた。

ん? 広い?

ふと、電気がつく。

そこはアメリカのホテルの部屋だった。

ベッドにマリリンモンローが寝ていた。

あのモンローさん?

何?

モンローは涙を拭いた。

泣いていた

。。
[ 2015/12/30 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/719-22d1a786














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。