2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球に落ちてきたクマ。微熱物語、英語版。詩

コツコツすること。

最後まで粘り強くつくること。

これが僕の長所かなあ。

あとは、どうしようもない地球に落ちてきたクマ

。。。

自分いいところがわからなくなり、旅へ出た。

遠くの街で退屈で、自分宛てに手紙をだした。

「君は誰だい?」と。

そして家に帰った。

でもその郵便物が届いたのは何かの間違いで10年後だった。

子供が手紙を開けこう言った。

「君は誰だい?」と。

一緒に風呂に入り子供の背中をよく見た

。。。

「微熱物語」荒木スミシの短編の英語翻訳版です。

誰が翻訳してくれたのか。。。

https://t.co/EHrmttaj

。。。

誰かに嫌われるとか、当たり前のことだよ。

大切なのは、作り続けることです。

小さくてもいい。

その姿勢をわかってくれる人は必ずいます。

。。。

外では雨が降っている。

やることがないので、私はオムライスをつくり、

卵焼きの上に、ケチャップでなんて書こうかと考える。

結局、「雨」と書いてみる。

それをじっと眺める。

時間がゆっくりと流れ、少し眠いんだ。

「雨」

。。。

花束を持って彼女は走る。

なぜ走っているのかもわからず、ただ草原を全速力で駆けている。

ただ心のなかの衝動が、走れ、と叫ぶんだ。

あなたに向けて、走れ、と叫ぶんだ。

そう、花束を次に渡されるのはあなた、だ。

走れ! と、心が叫ぶんだ!

。。。

「雨に濡れへん方法思いついてん。

まずな最初の一滴が自分の頭上から落ちてくるやん。

そしたらそれを避けて右へかわす。

すぐに次の一滴が落ちてくるやん。

そしたら今度は左へかわす。

次々と雨粒をかわすねん。

そしたら永遠に雨に濡れへん。

ええ方法やろ」

と彼女はあの頃笑った。

。。。

心の奥の涙のかたち。

それは心の奥に涙のかたちをしたもの。

それは心の奥に愛のかたちをしたもの。

それは心の奥に風のかたちをしたもの。

いつか君の瞳から浮かび上がり、未来になるもの。

星になるもの。

誰かにそれを届けてください。

心の奥の涙のかたちを。

。。。

[ 2016/02/06 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/722-6b0e325a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。