2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地球を逆さに回って愛を伝えてしまう

窓まで遠い。

窓はどこまでいっても遠い。

窓はどこまで手を伸ばしても届かない。

わずかな光が見えるけど、窓まで遠い。

窓を目指して僕は立ち上がるのだけれど、窓はどこまで歩いても近づかない。

窓まで、旅をする。

汽車に乗り、光に乗り、月を飛ぶ。

窓は遠い。

。。。

いま、強い風の音を聞いています。

風の行方を気にしています。

木が揺れているので、そこに反射する光も揺れています。

。。。

私は今、神様が空からふわりと落とした一本の傘だ。

どんどん落ちていく。

こうやって心が落ちていくのだ。

意味もわからず、いつの間にか、ふと空からふわりと落ちてくる一本の傘は私の目の前の道に転がっている。

その傘を拾い上げ、晴れた日に差して歩く。

神様の傘で恋に落ちる。

。。。

地球を逆回りで、愛を伝えてしまう。

ヨーイ、スタートして、真逆に恋が走ってしまう。

好きと嫌いを逆にして、あなたと私は離れていって、宇宙のどこかで、出会ってしまう恋人。

老人が或る日突然、若返り、青春を過ごしてしまう。

それくらい不器用な私とあなた

。。。

[ 2016/03/05 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/724-9e46c8b3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。