2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スーパーインディーズ作家のたましい

futago5.jpg


想像してみてほしい。

もしあなたが会社の力を使わないで

何ができるのか。

本も同じことだ。

出版社の力を借りないで作家は

なにができるのか。

本屋に行って並んでいる本をみていると

疑問に思う。

「出版社」がなければ形になっていない本ばかりだ。

つまり「出版社が認めて、本にするから、

この小説はいい小説なのだろう」という無意識に感じている。

そこを僕は疑う。

もし僕が「ひとりで」本をつくって売ったとしたら

どれくらい売れるのだろう。

もちろん出版社の力は借りない、として。。。。

と、いうことを始めてみると「本のカタチが変わり始めた」。

難しいタイトルなんて大手出版社じゃなきゃ無理だということに気づく。

そこに置いてあるだけで、売れる魅力がある。

これが理想だ。

もう一度書く。

はたして会社の力を使わないで、たったひとりで

何ができるだろう。

うん。本気になればそれはできることを今証明したい。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~sumishi/mylife.htm
[ 2009/07/14 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sumishi.blog114.fc2.com/tb.php/90-2067d2e8














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。